バシクアルファ™

時間が重要であるため、急速なインフレ

basixALPHA インフレーション デバイスは、+30 ATM/BAR (ゼロから +441 PSI) の能力と 20 mL の容量を備えたアナログ インフレーション シリンジです。 多目的に使用できるbasixALPHAには、手順に迅速な膨張を提供するように設計された複数の製品機能があります。

詳細はこちら

直立basixALPHAインフレ装置の画像で、画像上に特定のコールアウトがあります

BLUE DIAMOND™

正確なデジタル式圧力ゲージ

デジタルタイマー付きで、どれくらいの時間で膨らませたのか、どのくらいの圧力が得られたのかなどを気にする必要はありません。 Blue Diamond デジタル式インフレーション バイスは、デジタル式ゲージとタイマーが一体化されており、過去の拡張情報を記録し、呼び出すことができます。 拡張時の圧力を正確に保持し、手技データを追跡するのに理想的です。

詳細はこちら

Blue Diamond インフレーションシリンジは、バルーン血管形成カテーテルまたはその他のインターベンションデバイスを拡張および収縮させ、手技中にバルーン内の圧力と拡張時間を測定するために用いられます。 また、輸液を体内に分配し、その輸液の圧力をモニターするためにも使用されます。

basixTOUCH™

高速で多用途 – BASIXTOUCH™

イ拡張を行うための圧力容量を提供します。35 mL の容量、30 atm 対応の basixTOUCH は、高圧の大容量バルーンを使用するインターベンション手術室に最適です。幅広のねじ山とクイックリリースハンドルを備えた basixTOUCH は最高の効率を必要とする忙しい手術室に急速な拡張と収縮を提供します。

basixTOUCH - 圧力、容量、アナログ ゲージを示すアイコン

詳細はこちら

basixTOUCH40™

最も必要なときに、より高いパフォーマンスを。

平均的な手技では、拡張を複数回行う必要がある場合があり、拡張と収縮に必要な時間が重要になります。 basixTOUCH40 は、忙しい手術室の要件を満たすために必要な速度とパフォーマンスを提供します。

basixTOUCH40 - 圧力、容量、およびアナログ ゲージを示すアイコン

詳細はこちら

basixCOMPAK™

インターベンショナバルーン拡張用のスタンダードとなるインフレーションデバイス

世界中で 10 万台を超えるデバイスが使用されている多忙なインターベンション手術室は、basixCOMPAK を頼りにして手術を行うことができます。 basixCOMPAK は 30 mL の容量、20 atm 対応であり、さまざまな血管形成術キットおよび手術パックと一緒にパッケージ化できます。

詳細はこちら

止血弁

患者と医療スタッフは、可能な限り出血量を減らしたいと考えています

これに対応して、メリットメディカルは、インターベンション医療における出血量を最小限に抑える止血弁のフルラインナップを開発し、同時にさまざまな手技やデバイスをサポートします。メリットメディカルは、止血弁の設計と製造におけるマーケットリーダーであり、ユーザーの多様なニーズをサポートするために 10 万個を超える弁を製造してきました。

PhD™
小口径 7.3F デバイスは、片手で押して離すだけの簡単なメカニズムで手技を簡素化し、もう片方の手でインターベンションデバイスを提供できるようにします。

詳細はこちら


AccessPLUS™
ワイヤーグリップを向上させる特別に設計されたTuohyバルブを備えた大口径9Fデバイス対応。

詳細はこちら


Honor®
プッシュ&プル式機構を備えた小口径7Fデバイス。 Honor には革新的なトリプルスリットブリードバックシールが付いており、Tuohy スタイルのシールはありません。

詳細はこちら