HeRO® グラフト

製品画像
solution

機能と利点

他のカテーテルと比較して、HeRO グラフトには次の特徴があります。

感染症の減少

感染が少ない: カテーテルと比較して感染率が 69% 減少1

優れた透析の妥当性

  • 1.7 Kt/V、カテーテルと比較して 16% から 32% の改善1
  • 毒素と体液の透析クリアランスが 16% から 32% に向上 (Kt/V)1
  • アクセス機能を維持するための介入は半分以下1

高い開存率

最大 87% の累積開存率(2年時)1,2

コスト削減

カテーテルと比較して年間平均 23% の節約3

HeRO グラフトの対象患者 / HeRO グラフトはあなたに適していますか?

以下の場合、HeRO グラフトはお客様またはお客様の患者さんに適している可能性があります。

  • カテーテル依存患者またはカテーテル依存患者になりつつある
  • 中心静脈狭窄による瘻またグラフトの閉塞

HeRO グラフトの違い

HeRO グラフト (血液透析信頼性流出) は、 中心静脈狭窄 を伴う血液透析患者の長期アクセスを維持することが臨床的に証明されている 唯一の完全皮下 AV アクセス ソリューションです。HeRO グラフトは FDA によってグラフトとして分類されますが、静脈吻合がないため、従来の AV グラフトとは異なります。 これは、次の二つの主要コンポーネントで構成されています。

インプラント部位図 HeROグラフトの左側挿入


独自の ePTFE 動脈グラフト コンポーネント

HeRO グラフト動脈グラフト コンポーネントは、内径 (ID) 6mm、外径 (OD) 7.4mm で、長さはコネクタを含めて 53cm です。これは、PTFE ビーディングを備えた ePTFE 血液透析グラフトで構成され、独自のチタン コネクタの近くでよじれ抵抗を提供します。 チタンコネクタは、動脈グラフト コンポーネントを静脈流出コンポーネントに取り付けます。 動脈グラフト コンポーネントは、KDOQI ガイドラインに従って標準的な技術を用いてカニューレは挿入されます。


独自の ePTFE 静脈流出コンポーネント

HeRO グラフト静脈流出コンポーネントは、内径 5mm、外径 19F (6.3mm)、長さ 40cm です。 これは、編込み型ニチノール強化材 (よじれやつぶれに強い) を備えた放射線不透過性シリコンと、遠位端の放射線不透過性マーカー バンドで構成されています。

見る HeRO グラフトの取扱説明書.

患者への左側の HeRO グラフト挿入の図

コネクター付き ePTFE グラフト

  • よじれ防止のためのビーディング (3-4cm)
  • トンネリング中の配置をガイドするグラフトの方向線
  • チタンコネクタ

シリコンコーティングされたニチノール成分

  • 静脈吻合なし
  • 48 編み込み型強化ニチノール: よじれやつぶれに強い
  • シリコン内に統合された取り外しおよび交換可能な放射線不透過性バンド (遠位端)

コネクターとシリコンコーティングされたニチノールコンポーネントを備えた HeRO Graft ePTFE

参考文献

  1. Initial Experience and Outcome of a New Hemodialysis Access Device for Catheter-Dependent Patients.Howard E. Katzman, Robert B. McLafferty, John R. Ross, Marc H. Glickman, Eric K. Peden and Jeffrey H. Lawson. JVS, Journal of Vascular Surgery, September 2009 Volume 50, Issue 3, Pages 600-607.e1
  2. Gage et al., EJVES 2012.
  3. Dageforde et al., JSR 2012.
document

資料

list

注文情報