カテゴリー: 内視鏡検査

あなたの臨床上の課題は何ですか?メリットにはソリューションがあります。

顧客中心のヘルスケアのリーダーとして、メリットメディカルの優先事項は患者の治療に必要なツールを確実に利用できるようにすることです。製品キットから教育の機会まで、弊社の完全なソリューションは準備を簡素化し、手順を合理化して信頼できる革新的な医療機器で質の高い患者ケアをサポートします。


生検

生検ソリューション

毎回正確なサンプルを得るために、信頼性の高い幅広い生検装置を提供しています。Achieve®, Temno®, Tru-Cut®, およびCorVocet® などの実績のある軟部組織生検ブランドは、最高品質の組織サンプルを簡単かつ効率的に採取するための高度な機能を備えた完全なセレクションを提供します。

詳細>

心臓カテーテル

弊社の心臓カテーテル留置ソリューションは心臓に問題のある患者を正確に診断し、適切に治療するために役立つさまざまなツールを提供しています。シースイントロデューサーから弊社の Prelude IDeal™やカテーテルへのガイドワイヤー、拡張装置など、お客様の処置に適した優れた装置を多数提供しています。

詳細>

救命救急治療

クリティカルケアソリューション

重症患者を治療する場合、使用するあらゆる製品が重要です。弊社では、集中治療室 (ICU) で治療を受ける患者用に設計された幅広いツールを提供しています。メリットの救命救急用テクノロジーは汚染物質への曝露を減らし、患者の血圧を正確に監視し、職場での怪我を減らすことを目的としており、医療従事者が安全で効果的かつ効率的な治療を提供するのをサポートします。

詳細>

透析アクセス

透析アクセスソリューション

腎疾患は世界的な問題であり、透析アクセスは透析処置を成功させるための基礎となるものです。カテーテルへの依存を軽減する、HeRO® グラフトを含め、弊社の包括的な透析アクセスのポートフォリオは、信頼できる革新的なソリューションをあなたの診療にもたらします。

詳細>

腹膜透析

弊社のホーム透析オプションは、腎疾患関連のQOLの向上など、院内透析よりも多くの利点を患者に提供します。弊社では、バーチャルおよび実践的医師トレーニング、幅広いサイズのカテーテル、付属品、キット、および患者用リソースを提供しています。

詳細>

橈骨動脈

橈骨アクセスには患者の安全性の向上、医療費の大幅な削減、患者とスタッフの満足度の向上など、十分に実証された多くの利点があります。弊社では革新的な製品からなる多様なポートフォリオと世界的に定評がある実践的な医師教育プログラムで橈骨アクセスをサポートし、橈骨アクセスの利点を患者に提供するのを手助けします。

詳細>

遠位橈骨アクセス

遠位橈骨動脈アクセスは、患者とオペレータの両方に利点をもたらします。これらの利点を貴院の診療にお届けするため、弊社では遠位手技だけでなく、市場初登場の製品PreludeSYNC DISTAL™橈骨圧縮装置など、お客様の処置をサポートする革新的製品についてのアドバンスドトレーニングも提供しています。

詳細>

ドレナージ

過去XNUMX年間、弊社はドレナージポートフォリオを継続的に拡大し、最適なドレナージケアを実現するために連携して機能するさまざまなソリューションを組み込んできました。外傷を軽減し、より正確な配置を促進するように設計された複数のドレナージ用カテーテルを提供しています。

詳細>

電気生理学とCRM

電気的心臓活動の診断と治療を成功させることは非常に重要です。これこそ、弊社がさまざまn医師教育コースと正確な診断と効果的な治療計画の設計を支援する専用ツールを提供する理由です。機能には、非常に硬い経中隔針、優れた制御のための人間工学に基づいたハンドル、および高度なイントロデューサーシステムが含まれています。

詳細>

動脈塞栓術

弊社独自の塞栓用製品は市場で最も研究されており、効率的かつ安全な送達と予測可能なアウトカムを​​可能にします。弊社製品を補完するために、卓越した継続的カスタマー サービスを提供し、お客様が処置に必要とするツールを確実に届けします。

前立腺動脈塞栓術
貴院で行われる前立腺動脈塞栓術 (PAE) の治療をサポートするために、バーチャルおよび実戦的トレーニング、信頼性の高い製品、臨床リソース、患者用資料などを提供しています。


子宮筋腫塞栓術
弊社の子宮筋腫塞栓術 (UFE) ソリューションは、予測可能な臨床アウトカムと長期的な症状の管理を実現する信頼性の高い製品を提供します。


また、弊社はウェブサイトAsk4PAEおよびAsk4UFEにおいて広範な患者リソースを提供しています。

詳細>

消化器学的狭窄管理

消化管狭窄管理

Merit Endoscopyの完全被覆レーザーカット食道用ステントテクノロジーは、正確な配置と移動の最小限化を実現します。最先端のステント技テクノロジーに加え、BIG60® インフレーション装置高揚感膨張バルーンの他、強化された医師トレーニングなど、クラス最高の拡張製品も提供しています。.

詳細>

肺狭窄管理

気管気管支狭窄を有する患者の場合、ステントテクノロジーは素早く症状を緩和し、QOLを向上させることができます。 弊社では、完全被覆レーザーカットによる気管気管支ステントの他、先進的オーバーザワイヤー式および直接視覚化送達システムを提供しています。症例研究をダウンロードしてバーチャルおよび実践的トレーニングにご参加ください — すべては、先進的患者ケアをサポートするように設計されています。

詳細>

キットおよびパック

オフィスに利便性と効率性をもたらすように設計された弊社のキットおよびパックソリューションは、準備と手順の簡素化、質の高い患者ケアのサポート、在庫レベルの削減に貢献します。弊社のチームは何百ものキットを分析し、カテ室、画像下治療、および血管外科のニーズの大部分を満たす一連の標準構成を設計しました。また、独自の手順のニーズに合わせてカスタマイズ可能なキットも提供しています。

詳細>

脊椎

高性能ステラブルテクノロジーの多様なポートフォリオを通じて、私たちは脊椎骨の病状を治療し、痛みを軽減し、患者のQOLを改善するように設計された完全な処置ソリューションを提供しています。弊社の包括的な教育プログラムおよび独自製品は、医師が脊椎病変の治療において患者それぞれのニーズにも医師自身の好みにも対応できるようにサポートします。

詳細>

静脈

Merit Medical の静脈ソリューション

弊社の低侵襲静脈ソリューションは症状を治療し、術後疼痛を最小限に抑え、回復を早めるように設計されています。製品、アクセサリの他にもキット、パック、トレイについて詳細をぜひご確認ください。それぞれが互いを補完して、お客様により良い患者アウトカムを提供します。

詳細>


メリットの包括的な顧客ケアへの取り組みは、顧客が受け持つ患者の治療に必要なツールを提供することから始まります。始める準備はできましたか?メール、電話、ライブのチャットにてご利用いただける弊社のカスタマーサポートチームは、お客様が解決策を見つけるのをサポートするために存在しています。製品の詳細な知識と洞察を得るのに役立つように設計されたバーチャルの施術ビデオと製品サポートビデオをぜひご視聴ください。私たちはお客様と協働できることを楽しみにしています。

肺がんについて語りましょう:Reddy医師への綿密なインタビュー

肺がん啓発月間

肺がんは、 世界中のがんによる死亡数の主な原因になっています。1 米国では、他のどのがんよりも肺がんで亡くなる人が多くなっています2 11月は肺がん啓発月間であり、この疾患についてや、検査プロセス、および治療オプションについて理解を深めるてもらうために、ユタ大学ハンツマンがん研究所 (ユタ州ソルトレイクシティ) の呼吸器科医であるChakravarthy Reddy医師にお話を聞きました。

肺がんとは何でしょうか?

肺がんは肺の細胞が変化または変異したときに発生し、異常な細胞増殖を引き起こします。 これらの細胞は制御不能に増殖し、腫瘍を形成して体の他の部分に広がります。

「患者が治癒する可能性があるステージIまたはステージIIでは、ほとんど症状がありません。それは常に偶然発見されます」, とReddy医師は説明します。「患者は別の理由でスキャンを受けて肺にがんが検出されるのです。」

肺がんの症状が現れる際には、悪化するか治らない咳、胸痛、息切れ、喀血、喘鳴、衰弱または疲労、体重減少などがみられます。4「残念ながら、患者が症状を呈する頃にはがんが進行した段階にあり、生存率はそれほど高くありません」、と Reddy医師は言います。


肺がんの危険因子は何ですか?

喫煙は間違いなく肺がんの主な原因です。非喫煙者と比較して、喫煙者は肺がんを発症するリスクが大幅に高くなります。5

喫煙に加えて、間接喫煙もまた危険であり、肺がんのリスクを高めます。6「私たちは常に喫煙者について話しますが、実は喫煙者と同居している人々と肺がんを発症するリスクとの間には相関関係があります」、とReddy医師は付け加えます。「二次曝露は、確かにがんを発症するリスクを高めます。」

American Cancer Societyは肺がんのその他のリスク要因に以下を挙げています:5

リスクと警告

ラドン
自然に発生する放射性ガスであるラドンは、土壌や岩石中のウランの分解物です。潜在的なリスク領域は、地下室のある住宅です。

アスベスト
アスベストは岩と土に発生した鉱物繊維です。7 アスベストを扱う仕事をしている人々(例えば、鉱山、製造所、繊維工場、造船所、および断熱材が使用されている場所)は、肺がんで死亡する可能性が数倍高くなります。

発がん物質
ウラン、ヒ素、ベリリウム、カドミウム、ニッケル化合物、石炭製品、ディーゼル排気ガスなどの発がん物質にさらされると、肺がんのリスクが高まる可能性があります。

病歴または家族歴
個人が肺がんを患っている場合、別の肺がんを発症するリスクが高くなります。肺がんを患った人の兄弟、姉妹、子供は、リスクが高くなる可能性があります。

過去の肺への放射線療法
他のがんのために胸部への放射線療法を受けた人は、特に喫煙している場合、肺がんのリスクが高くなります。

大気汚染
都市では大気汚染が肺がんのリスクを高める可能性があり、一部の研究では、肺がんによる全死亡の約5%が屋外の大気汚染による可能性があることが示唆されています。


肺がん検査を受ける必要があるのはどのような人ですか?

推奨される肺がんのスクリーニング検査は、低線量CTスキャンです。8米国予防医療専門委員会によると、検査対象者は次の3つの基準を満たす必要があります。9

年齢50~80歳の成人
喫煙歴ǀ 20パックイヤーの喫煙歴のある個人
タバコへの曝露ǀ 現在の喫煙者または過去15年以内に禁煙した個人

年齢は簡単なベンチマークですが、パックイヤーの計算はほとんどの人にとってなじみのないものに思えるかもしれません。「1日に吸うタバコの箱数に喫煙年数を掛けます。これにより、パックイヤーと呼ばれる値が得られます」、とReddy医師は説明します。たとえば、ある人がタバコ20パックを10年間、または20パックを10年間喫煙した場合、これらの各例は20パックイヤーの喫煙歴が算出されます。

15番目の基準はタバコへの曝露に関するものですが、15年の期間の重要性は何でしょうか?「[肺がんの] リスクが正常化するには、約15年かかります」と Reddy医師は言います。「患者が禁煙してからXNUMX年以内であれば、肺がん検診のXNUMX番目の基準が満たされます。」

これは、同時に患者が基準を満たさない場合には検査が行われないことも意味します。 Reddy医師は、50歳未満で20パックイヤーの喫煙歴を持つ人々はあらゆる心配事、個人的なリスク要因、および検査を受ける利点について医師と話すことを奨励しています。


肺がんの治療にはどのような選択肢がありますか?

肺がんが早期に発見されれば、より多くの治癒に向けた選択肢があります。残念ながらReddy医師が述べたように、肺がんは通常末期に発見されます。肺葉の片側を切除する肺葉切除術と呼ばれる手術は、ステージIまたはIIのがんに対する唯一の選択肢です。「肺がんの患者はそもそも健康な肺を持っていません」、とReddy医師は言います。「彼らは喫煙による肺気腫も患っている可能性が高く、片側肺葉を切除することさえも忍容できないでしょう。」

患者の肺機能が境界線上にある場合、Reddy医師は肺葉を残し、がんのみを切除する肺部分切除術と呼ばれる別の外科的選択肢を提案します。「これは望ましい選択肢ではありませんが、それが唯一の選択肢であれば何もしないよりはましです」、とReddy医師は言います。「彼らの肺機能がそれよりも悪い場合、明らかに私たちには手術をまったく行うことができません。放射線療法などの二次的なアプローチを考えなければなりません。」

Reddy医師によると、最初に胸部リンパ節に転移した肺がんは依然として治癒する可能性があります。しかし、胸部を出て胸腔や、副腎、脳、骨などの体の他の部分に転移すると、治療が不可能になる可能性があります。こうなると、緩和ケアが唯一の選択肢となり、患者のQOLを最適化しながら症状を緩和し、苦痛を軽減します。

Elation Pulmonary Balloon Dilater - Pulmonology Products - メリット内視鏡検査

息切れやしつこい咳などの一般的な肺がんの症状を緩和するための選択肢があります。「私たちが行っていることの1つは、バルーンを使用して [気道] を拡張することです」,と Reddy医師は説明します。「メリットはElation® バルーンというは2センチメートルの短いバルーン構成で利用できるため、非常に便利です。」

AERO 気管気管支ステント - 呼吸器製品 - Merit Med Endoscopy

XNUMXつ目のアプローチには、気道の開存性を維持するために肺の腫瘍にステントを留置することです。この治療ラインのオプションとは、メリットのAERO® 気管気管支ステントです。「患者が処置から目覚めた直後、すぐに改善したことに気づきます」と Reddy医師は言います。「AEROステントの半径方向への力は、実際に気道を開いた状態にして息切れを改善します。」


肺がん啓発のためのリソース

今月は肺がんに対する意識が高まっているため、検査の重要性に関する事実を家族と共有し、喫煙者に禁煙を促すことが重要です。

知識は力であり、肺がんをよりよく理解するのに役立つ医療関連の情報リソースを持つことが重要です。病気に関する情報に加えて、以下の組織は、がん生存者の話や、肺がんとの戦いで患者と家族を支援するため、今月を通して啓発活動に参加する方法など、幅広いトピックを提供しています。

Lung Cancer Foundation of America (米国肺癌財団)
American Lung Association (米国肺協会)
GO2 Foundation for Lung Cance (r肺がんGO2財団)

メリット従業員への支援

喫煙者で禁煙の支援が必要な場合は、当社の従業員禁煙プログラムにサインアップしてください。詳細については、Priest医師にお問い合わせください。

メリットメディカルは、世界中の人々、家族、地域社会の生活を改善することに取り組んでいます。弊社が医師の肺がん患者治療を支援するために提供している、信頼できるインターベンションおよび緩和治療オプションについての詳細はこちら


参照:

  1. World Health Organization. 2021. “Cancer Key Facts.” https://www.who.int/news-room/fact-sheets/detail/cancer
  2. Centers for Disease Control and Prevention. 2021. “Lung Cancer Statistics.” https://www.cdc.gov/cancer/lung/statistics/
  3. American Lung Association. 2021. “Lung Cancer Basics.” https://www.lung.org/lung-health-diseases/lung-disease-lookup/lung-cancer/basics
  4. Centers for Disease Control and Prevention. 2021. “What Are the Symptoms of Lung Cancer?” https://www.cdc.gov/cancer/lung/basic_info/symptoms.htm
  5. American Cancer Society. 2019. “Lung Cancer Risk Factors.” https://www.cancer.org/cancer/lung-cancer/causes-risks-prevention/risk-factors.html
  6. Centers for Disease Control and Prevention. 2021. “Health Effects of Secondhand Smoke.” https://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/fact_sheets/secondhand_smoke/health_effects/index.htm
  7. United States Environmental Protection Agency. n.d. “Learn About Asbestos.” https://www.epa.gov/asbestos/learn-about-asbestos
  8. Centers for Disease Control and Prevention. 2021. “Who Should Be Screened for Lung Cancer?” https://www.cdc.gov/cancer/lung/basic_info/screening.htm
  9. United States Preventive Task Force. 2021. “Lung Cancer: Screening.” https://www.uspreventiveservicestaskforce.org/uspstf/recommendation/lung-cancer-screening

メリットでは、XNUMX月に男性の健康に対する意識を高めています

Merit Medical は男性の健康に意識をもたらします
いよいよ6月になり、男性と少年に影響を与える健康問題の意識を高め、これらの疾患の早期発見と治療を奨励することに取り組む期間、正式に男性の健康啓発月間になりました。

メリットメディカルの目標は、医師が患者のアウトカムを治療・改善するために必要なツールを提供するだけでなく、知識を共有し、疾患の危険因子に関する認識を高めることです。

病気は男性と女性の双方に影響を与えることを理解していますが、患者に最高のケアを提供するには性別別に頻発する病気に光を当てることも重要です。

ここでは、男性によく見られる病気の一部と、メリットがそれぞれのケアをどのように支援しているかを示します。

食道がん

食道がんは、食道 (のどから胃に食べ物や液体を運ぶ体内の中空の筋肉質な管) に見られるがんです。食道がんは、女性よりも男性で約3倍罹患しやすくなっています。

食道がん予防のヒント:

  • アルコールを避ける。
  • たくさんの果物と野菜を食べる。
  • 健康的な体重を維持する。
  • 定期的に運動する。

食道がんについて詳しく学ぶ


メリット製品



肺がん

肺がんは、肺に発生するがんの一種です。それは 世界のがんによる死亡の主な原因となっています。男性が一生のうちに肺がんになる全体的確率は約15人に1人ですが、女性の場合は約17人に1人です。

肺がん予防のヒント予防のヒント:

  • 喫煙をやめる (または始めない)。
  • 副流煙に近づかない。
  • 家の中のラドン濃度を検査する。
  • がんの原因となる化学物質を避ける。
  • 健康的なライフスタイルを送る。

肺がんについて詳しく学びましょう。


メリット製品



腎不全

慢性腎臓病 (CKD) の診断は男性より女性に多いのですが、男性はより早く腎不全に陥る可能性が高いのです。

腎不全は誰にでも起こりえますが、 ホルモンの違いや不健康なライフスタイルにより、女性と比較して男性はよりリスクが高い可能性があります

透析アクセスメリット医師コースを考える予防のヒント:

  • 少なくとも毎年XNUMX回の腎臓検査を受ける。
  • 血圧と血糖値をコントロールする。
  • 喫煙をやめる (または始めない)。
  • 運動して健康的な食事を取る。
  • 健康的な体重を維持する。
  • 前立腺が肥大している場合は医師に相談し、尿路が塞がれていないことを確認する。
  • 腎臓に損傷を与えていないことを確認するため、服用しているサプリメント、薬、および/またはホルモン療法のリストを医師に渡しておく。

腎不全について詳しく学び透析アクセスのソリューションページをご覧ください。


メリット製品



大動脈瘤

大動脈は心臓から胸部と腹部の中心を通って走っています。腹部、骨盤、脚に血液を運ぶ主要血管です。腹部大動脈瘤 (AAA) は、血管が拡張して破裂の危険性がある場合に発生する生命を脅かす状態です。  男性は4~15倍女性よりもAAAを発症する可能性が高い 

大動脈瘤予防のヒント:

  • 喫煙をやめる (または始めない)。
  • ストレスを減らす。
  • 運動し、心臓に良い食事を取る。
  • 糖尿病や高血圧の方は、医師が処方した薬を服用する。

AAAについて詳しく学ぶ。弊社のパック、ワイヤー、およびその他の心臓製品の詳細については、弊社のウェブサイトメリット・バスキュラーのページをご覧ください。


メリット製品



心臓発作

心筋梗塞としても知られている心臓発作は、心筋に十分な血液が供給されないときに発生します。治療を受けずに時間が経つほど、心臓へのダメージは大きくなります。心臓発作の主な原因は冠動脈疾患 (CAD) です。研究者たちは、生涯を通じて女性より男性は約2倍心臓発作を起こしやすいことがわかっています。 

心臓発作 - 男性の健康月間予防のヒント:

  • 健康的な食事を食べる。
  • 健康的な体重を維持する。
  • 定期的に運動する。
  • 喫煙をやめる (または始めない)。
  • コレステロール値と血圧を監視する。
  • 糖尿病を管理する。
  • 処方された薬を服用する。

心臓発作について詳しく学ぶ。橈骨シース、カテーテル、ワイヤー、および圧縮デバイスを含む弊社の心臓ポートフォリオをぜひ探索してください。


メリット製品



肝臓がん

肝細胞癌 (HCC) は、最も一般的なタイプの肝細胞癌です。原発性肝がんは、B型肝炎やC型肝炎による肝硬変などの慢性肝疾患を有する人々に最もよく見られます。世界中でHCCはがんによる死亡の4番目の主な原因であり、女性に比べて男性の間で3倍多く発症します。

肝がん - 男性の健康月間予防のヒント:

  • 大量のアルコールの使用は避ける。
  • アフラトキシンB1への曝露を減らす。
  • 喫煙をやめる (または始めない)。
  • B型肝炎ワクチンを接種する。
  • 肝炎にかかっている場合は、医療提供者と協力して治療を受ける。

肝臓がんについて詳しく学ぶ。弊社の肝腫瘍学ポートフォリオをぜひご覧ください。 


メリット製品



良性前立腺肥大症 (BPH)

良性前立腺肥大症 (BPH) は前立腺の肥大であり、男性のみに発症します。男性が年齢を重ねるにつれて、より一般的になります。80歳以上の男性の最高90%はBPHを発症しています。BPHは非がん性ですが、煩わしい下部尿路症状の原因になることがあります。

BPH - 男性の健康月間予防のヒント:

  • 心臓に対して健康的な食事を維持する。
  • 大量のアルコールの使用は避ける。
  • 定期的に運動する。

BPH治療用低侵襲オプションである前立腺動脈塞栓術 (PAE) をサポートする弊社提供製品をぜひご覧ください。


メリット製品



メリットメディカルの目標は世界中の人々、家族、地域社会の生活を改善することです。その重要な部分のXNUMXつは、患者が最高の状態で生きるために必要な製品と治療法を提供することにより、男性の健康を保護ことです。

ご質問がある場合は、カスタマーサービスチームまでお問い合わせください。 


使用前に適応症、禁忌、警告、注意事項、および使用方法について使用説明書を参照してください。

Merit Medical Endotek® が新しい Elation5™ バルーン拡張器を発売

Elation5 - 膨張の再考Merit Medical Endotek は、市場で最初で唯一の 5 段階バルーンである Elation5 Dilation バルーンの発売を発表できることを誇りに思います。 固定ワイヤーとワイヤーガイドの両方の構成で利用できるようになった Elation5 は、単一のバルーン カテーテルで利用可能な最も広い直径範囲で消化管の狭窄を段階的に拡張するように設計されており、臨床医がより少ない費用でより多くのことを行えるようにします。

いくつかの重要な機能により、Elation5 は 3 段階の対応するものとは一線を画しています。 Elation5 は、他のマルチステージ バルーンの標準範囲の両側に追加の指定された直径があり、直径 5 mm から 21 mm の範囲の独自のサイズで利用できます。 各 Elation5 バルーン カテーテルの追加された直径範囲は、効果的な拡張を実現するために複数のバルーンを使用する機会を減らすことで臨床的有用性を高め、コストを削減し、効率を向上させます。 Meritの旗艦Elationのように® 3 段階のバルーン、Elation5 は、非常にクリアな内視鏡の視覚化、迅速かつ完全な収縮、複数回のスコープの再挿入を容易にするよじれにくいカテーテル、および新しいカテーテル固定クリップを提供します。


主な機能

単一のカテーテルで最も広い直径範囲 – SKU の在庫を減らすことで在庫管理を簡素化しながら、臨床効率を向上させ、コストを削減します。

独自の 5 mm および 21 mm のバルーン直径 – 困難な症例での臨床的有用性を拡大します。

正確で再現可能なインフレーション精度 – Elation5 バルーンは、最適なパフォーマンスを確保するために厳密にテストされています。

クリスタルクリアな内視鏡による可視化 – 正方形の近位バルーン ショルダーにより、光結合が改善されます。

迅速かつ完全なデフレ – 不完全なデフレは、時間と費用の無駄につながる可能性があります。 メリットと合わせて BIG60® 膨張装置、医師はクラス最高の拡張システムを頼りにすることができます。


市場で最初で唯一の 5 段式バルーン

お金を節約し、臨床効率を高めながら、在庫管理を簡素化します

幅広い直径範囲と独自の直径サイズにより、臨床効率が向上し、コストが削減され、臨床的有用性が向上します。


Elation5 は Merit Endotek ポートフォリオへのエキサイティングな追加であり、顧客のニーズを理解し、継続的なイノベーションを提供するという Merit の継続的な取り組みを示すものです。 誰もがより少ないリソースでより多くのことを行うように求められている時代に、Elation5 はマルチステージ拡張バルーンに期待すべき基準を設定します。

Elation5 Dilation バルーンの詳細については、 製品ページを探索する または私たちと接続することによって カスタマーサポートセンター それと他のメリット ソリューションを今日の実践にどのように組み込むことができるかを確認してください。


EndoMAXX® ステントによる食道ステント留置術の合併症への対処

EndoMAXX食道用ステント悪性狭窄を緩和するには、一般的にフルカバー自己拡張型金属ステントが使用されます。メリットメディカルの Endotek® 部門が開発した EndoMAXX®、内因性および/または外因性の悪性腫瘍によって引き起こされる食道狭窄における食道管腔の開存性を維持するため、および食道瘻の閉塞のために適応となる食道ステント。

光線力学療法、熱アブレーション手技、外科的切除やバイパス、化学療法/放射線療法など、悪性食道閉塞の緩和に役立つ治療オプションは多数存在します。しかし、一般にステントの留置は容易な上に迅速であるため、内視鏡的ステント留置術には他の治療法に比べて大きな利点がいくつかあります。それは安全であり、合併症のプロファイルが良好なだけでなく、重大な痛みの発生率が低いため忍容性が良好な点です。1,2

良好な合併症プロファイルがあるにもかかわらず食道ステント留置術には頻発する合併症がXNUMXつ存在します:胸痛とステント移動です。EndoMAXXはそれぞれに対処するように設計されています。

食道ステント留置による胸痛の発生率は12%から337%までの範囲に及びます。4この痛みは通常、移植時に食道ステントが食道組織、腫瘍、または狭窄部に及ぼす拡張力や外向きの圧力によるものです。この圧力は、ステントが留置されている患者が感じる不快感に直接対応するものと考えられています。臨床ガイダンスはまた、この圧力が食道ステント留置に発生し得る生命を脅かす別の合併症である穿孔の原因になる可能性があることを示唆しています。

米国で市場をリードする食道ステントの5.4 Nと比較して、EndoMAXX の拡張力は2.4 Nです。5さらに、EndoMAXXステントは、その両端に2.5 cmのフレアが設計されています。この特徴は食道内腔でステントをしっかり固定するのに役立ちます。ソフトなフレアが付いた両端としっかりとした中間部分は、健康な食道粘膜を保護しながら閉塞を拡張する上で効果を発揮します。

EndoMAXX - 高度な患者中心の設計の例

レーザーカットを使用したEndoMAXXの設計は半径方向力が低いだけでなく、展開中のステントの短縮や伸長が実質的にないため、患者の解剖学的構造に合わせて正確なサイジングを行うことができます。Essrani et al. らによってキュレウス・ジャーナル・オブ・メディカルサイエンス(Cureus Journal of Medical Science)に発表された最近の研究では、「最も頻繁に発生した合併症. . . は胸痛であったが、これは一過性もので介入を要せずにほとんど解消した」ことが確認されています。 2

さらに、消化管内視鏡検査(Gastrointestinal Endoscopy)に発表されたDua et al. による研究は、「胸痛が患者の11%に報告されており、この症例のうち3分の2の胸痛はステント留置から数週間後、患者が放射線治療を受けている期間中に発生した」ことを示唆しました。著者らは、「このシリーズで胸痛の発生率が比較的低いのは、狭窄を有するすべての患者に最小径(19 mm)ステントを使用したことに関連している可能性がある」と結論付けています。1

AliMAXX-ES 完全に覆われた食道ステント直径が大きなステントの臨床的ニーズを満たすために、EndoMAXXは直径19 mmと23 mmから選択することができます。小さな直径のステントが必要な場合や、胸の痛みが懸念される場合の臨床シナリオにも、Merit Endotekは ALIMAXX-ES 食道ステント をご用意しています。こちらは、直径12 mmから22 mmまでの小さいものを提供しています。ALIMAXX-ESステントはその拡張力が1.6 Nの低さになるように設計されているため、患者の痛みを軽減する可能性があります。

移動も食道ステント留置に頻発する合併症です。調査によると、悪性狭窄における自己拡張型金属ステントの移動発生率は23%から31%の範囲です。6-8移動を減らすため、EndoMAXXステントには粘膜壁の接触と摩擦を増加させる独自の移動防止ストラットが組み込まれています。

EndoMAXX - 移動防止ストラットで設計前述のDua et al.,の研究によると、「ステントの移動は4例の患者のうち35例(11%)に発生」し、「すべてのステント移動は遠位方向」でした。1 すべての移動が悪いわけではないことにご注意ください。がん治療によって患者の腫瘍が縮小すると、ステントは圧迫するものがなくなり遠位に移動できるようになります。

EndoMAXXには近位と遠位両方に金属縫合糸が付いており、必要に応じてステント留置後のリポジショニングや取り外しを行うための手段を提供します。これは、ネズミ歯鉗子を使用してステント近位端にある縫合糸ループ中の金ビーズを把持して行います。その後、慎重に巾着効果を利用して、食道壁との接触からステント近位端を解放し、牽引しながら取り外します。

合併症のない手術はありませんが、その発生を減らすように設計された製品を選択することで患者の転帰が改善される可能性があります。メリットの食道ステントには管腔の開通性を維持しながら、食道ステントの留置に関連する一般的問題に対処する重要な機能がいくつも備わっています。

食道ステントのソリューションの詳細については、消化管狭窄の管理ページ、 EndoMAXXの商品ページをご覧いただくか、または弊社カスタマーサポートセンターをご利用ください。


参考文献

  1. Dua K et al. 2014. “Efficacy and Safety of a New Fully Covered Self-Expandable Non-Foreshortening Metal Esophageal Stent.”  Gastrointestinal Endoscopy 80, no. 4 (Oct): 577–585. PMID: 24685007.
  2. Essrani R et al. 2020. “Complications Related to Esophageal Stent (Boston Scientific Wallflex vs. Merit Medical Endotek) Use in Benign and Malignant Conditions.”  Cureus Journal of Medical Science 12, no. 3 (Mar 23): e7380. PMID: 32328390.
  3. Hindy P et al. 2012. “A Comprehensive Review of Esophageal Stents.” Gastroenterol Hepatol (NY) 8, no. 8 (Aug): 526–534. PMID 23293566.
  4. van Boeckel P et al. 2010. “A New Partially Covered Metal Stent for Palliation of Malignant Dysphagia: A Prospective Follow-up Study.” Gastrointest Endosc 72, no. 6: 1269–1273. PMID: 20951988.
  5. 社内データ。
  6. Siddiqui A et al. 2012. “Placement of Fully Covered Self-Expandable Metal Stents in Patients with Locally Advanced Esophageal Cancer Before Neoadjuvant Therapy.” Gastrointestinal Endosc 76, no. 1 (Jul): 44–51. PMID: 22726465.
  7. Martinez J et al. 2011. “Esophageal Stenting in the Setting of Malignancy.” ISRN Gastroenterology 2011: 719575. PMID: 21991527.
  8. Shenfine J et al. 2005. “A Pragmatic Randomized Controlled Trial of the Cost-Effectiveness of Palliative Therapies for Patients with Inoperable Esophageal Cancer.” Health Teach Assess 9, no. 5 (Feb): 1–121. PMID: 15717937.

食道がんの理解を助ける

XNUMX月は食道がん啓発月間です

全国的に、アメリカ人は30月を食道がん啓発月間と認識し始めています。このXNUMX日間は、この疾患、その徴候と症状、およびリスクを軽減するために個人が講じることができる方法についてより多く学ぶことにささげる期間です。

今年だけで、米国では新たに19,000人以上が食道癌と診断され、15,000人以上が死亡すると推定されています

この患者集団を支援するために、メリットメディカルの目標は、医師が食道がん患者の治療とアウトカムを改善するために必要なツールを提供するだけでなく、知識を共有し、この疾患に関する認識を高めることです。

次のインフォグラフィックとリソースを使用して、ご自身に情報を提供し、ご自身の個人的なリスクについて医師と話し合うための準備をしてください.


食道がんとは?

食道がん

食道がんは、食道 (のどから胃に食べ物や液体を運ぶ体内の中空の筋肉管) に見られるがんです。


食道がんの危険因子

まれな疾患ですが、食道がんの平均5年生存率は約20%です。 

食道がんの発症危険因子には以下のものがあります: 

高齢者は食道がんのリスクを高める
高齢者
酸逆流またはGERDは、食道がんのリスクを高める可能性があります
胃酸逆流または胃食道逆流症 (GERD)
肥満はがんのリスクを高める
肥満
加工肉の食べ過ぎはガンのリスクを高める
加工肉の多い食事
飲酒
喫煙 - がんの原因 - Merit Medical Endoscopy
喫煙

重度または頻繁な胸やけを経験している場合は医師に相談することが重要です。長期間継続すると、食道の内層に損傷を与え、バレット食道と呼ばれる状態になり食道がんのリスクが高まります。

禁煙の支援とアルコール消費量を減らすサポートを得る。

なぜ男性は女性の3倍食道がんに罹患する可能性が高いのかについてを含め、その他のリスク要因についてより詳しく学んでください。


最も一般的な食道がんの種類

食道がんの種類と発生部位

食道がんは、2つの形式が最も一般的です: 扁平上皮癌腺癌です。扁平上皮がんは通常、上部および中部食道に影響を及ぼしますが、腺がんは通常、胃に近い下部食道に見られ、胃酸曝露に関連すると考えられています。 他の形式の食道がんについても学んでください 。

腺癌は白人種の人々の間で最も頻発する食道がんの種類です。これに対し、扁平上皮がんはアフリカ系アメリカ人の人々の間でより一般的です。これらに比較して、アメリカ先住民/アラスカ原住民、ヒスパニック系、アジア系/太平洋諸島系の人々は順に食道がんの発症率は低くなっています。


症状および徴候

リスクと警告

食道がんは通常、病気が進行するまで症状が現れないため、治療が難しい場合があります。食道がんは通常、初期段階では症状を引き起こしません。

病気が進行するにつれて、次のような症状が現れます: 

  • 嚥下困難の他、痛みを伴う場合がある
  • しわがれ声
  • 消化不良または胸やけ
  • 体重減少
  • しつこい咳
  • 嘔吐

食道がんのリスク要因には、遺伝や年齢など避けられないものがあります。ただし、タバコを避けたり、酸逆流を治療したりするなど、多くのライフスタイルを変更がリスクを軽減するのに役立ちます。 

アルコールを避ける
果物と野菜 - 健康的な生活
果物と野菜をたくさん食べる
説明のつかない体重減少 - 肺がんの症状 - メリット医療内視鏡検査
健康的な体重を維持する
健康でアクティブなライフスタイルを生きる - 肺がんを避ける - メリット医療内視鏡検査
運動

診断および治療

医師の診察を受ける時期 - 肺がんの認識 - メリット医療内視鏡検査

食道がんと診断された場合、わからないことがたくさんあるかと思います。また、さまざまな治療オプションもあります。がんの治療チームがそれぞれの質問について話し合い、あなたにとって最善の決定を下せるように支援してくれます。

食道がんの診断治療治療後の生活について詳しく学びましょう、または次のすい臓がん撲滅ネットワーク (ECAN) による無料の患者ガイドにアクセスしてください。


その他のリソース


関連製品

肺がん啓発月間の啓蒙

XNUMX月は肺がん啓発月間であり、メリットメディカルにとって重要な時期です。患者中心に基づくヘルスケア企業として、医師が肺がん患者の治療とアウトカムを改善するのに必要なツールを提供するだけでなく、知識を共有し、病気に関する意識を高めることが私たちの目標です。

肺がんとは?

肺がんは、肺に発生するがんの一種です。これは、世界中のがんによる死亡の主な原因となっています。1 米国の女性間では乳がんを上回り、全国的にがんによる死亡原因の第1位になりました。2

肺がんにはさまざまな種類がありますが、主なものは非小細胞肺がん (NSCLC) と小細胞肺がん (SCLC) の2種類です。3

肺がんの主な種類 - 非小細胞肺がんおよび小細胞肺がん - Merit Medical

NSCLC、SCLC、およびその他の種類の肺腫瘍についてここから詳しく知る。

肺がんの原因とは?

肺がんの各症例の原因は不明ですが、判明している危険因子があります。

喫煙4

喫煙 - がんの原因 - Merit Medical Endoscopy

喫煙は肺がんの主な原因であり、肺がんによる死亡の約80%を占めています。喫煙は最も強い危険因子ですが、他の因子と相互作用することもあれば、まったく原因にならないこともあります。

非喫煙者における原因1,4

がんの原因となる化学物質への曝露 - がんの原因 - Merit Medical Endoscopy

肺がんを発症する人の多くは喫煙者または元喫煙者ですが、まったく喫煙したことがない人もいます。非喫煙者の肺がんは、ラドン、受動喫煙、大気汚染、アスベスト、ディーゼル排気ガス、その他の化学物質など、さまざまな物質への曝露によって引き起こされる可能性があります。肺がんの家族歴がある人もリスクが高くなります。

危険因子がわかっていない肺がんを発症する人の割合はごくわずかです。これは、外的要因がなく発生する場合もあれば、まだ発見されていない要因のためという場合もあり得ます。

肺がんの危険因子と、病気につながる可能性のある遺伝子変化についての詳細はこちら

肺がんの症状

初期段階では、肺がんは通常、徴候や症状を引き起こしません。 進行期では、肺がんの一般的な徴候と症状には次のものがあります。

  • 新しい持続性の咳
  • 喘鳴の発症
  • 喀血やさび色の痰
  • 息切れ
  • 胸の痛み、特に深呼吸、笑い、咳をすると痛むもの
  • しわがれ声
  • 意図しない体重減少
  • 食欲不振
  • 疲労
  • 胸水
  • 気管支炎や肺炎などの持続性感染症
  • がんが体の他の部分に拡がっている (これは、影響を受ける臓器に応じて頭痛、吐き気、痛みなどの他の徴候や症状を引き起こす可能性があります。)
持続的な咳 - 肺がんの症状 - メリット医療内視鏡検査
説明のつかない体重減少 - 肺がんの症状 - メリット医療内視鏡検査
絶え間ない疲労 - 肺がんの症状 - メリット医療内視鏡検査

肺がんの予防

肺がんは常に回避できるわけではありませんが、リスクを軽減するための措置を講じることができます1

喫煙をやめる - 肺がんを避ける - メリット医療内視鏡検査

禁煙(または喫煙を開始しない)

喫煙をしたことがない場合は、始めないでください。禁煙したい場合は、多くの代替製品、サポートプログラム、薬を利用できます。医師に相談してください。

受動喫煙を避ける

人が喫煙する場所は避けてください。喫煙者と同居している場合は、喫煙者に禁煙を勧め、喫煙は屋外で行うように頼んでください。

あなたの家のラドン値を検査する

家のラドン濃度が高いことが分かった場合は、修正することができます。詳細については、地元の公衆衛生局にお問い合わせください。

がんの原因となる化学物質を避ける - 肺がんを避ける - Merit Medical Endoscopy

がんの原因となる化学物質を避ける

有毒な化学物質への曝露を避けるために、職場では常に注意事項に従ってください。危険な環境で定期的に仕事をしている場合は、医師に相談して、身を守るために他に何ができるかを確認してください。

健康でアクティブなライフスタイルを生きる - 肺がんを避ける - メリット医療内視鏡検査

健康的なライフスタイルを送る

果物や野菜が豊富な食事を選びましょう。サプリメントによる大量摂取ではなく、常に栄養豊富な食品を選びましょう。一部のビタミンは、肺がんのリスクを高めることがわかっています。6 あなたの日常のルーチンに身体活動を組み入れてください。好きなタイプのエクササイズを見つけて、週のほとのどの日をアクティブに過ごしましょう。

医師の診察を受ける時期

医師の診察を受ける時期 - 肺がんの認識 - メリット医療内視鏡検査

気になる徴候や症状に気付いた場合は、医師に相談してください。禁煙の助けが必要な場合、医師は投薬、カウンセリング、サポートグループ、オンラインリソース、および代替製品を含むケアプランを作成できます。

肺がんの症例のうち早期に診断されるのはわずか16%であり、肺がん患者の半数以上が診断から1年以内に死亡します。2 肺がんのリスクが高い場合は、肺がん検診の選択肢について医師に相談してください。早期発見が違いを生む可能性があります。 肺癌の5年生存率は、疾患がまだ肺内に局在している場合に検出された症例では56% です。2 しかし、腫瘍が他の臓器に転移していた場合、これらの割合はわずか5%まで劇的に低下します。2

メリットの目標は、世界中の人々が最高の生活を送れるよう支援することです。私たちが提供する信頼できるインターベンショナルおよび緩和治療の選択肢について詳しく学ぶ


AEROmini® 気管・気管支ステント

AEROmini - ステントグループ

Elation® 肺動脈用バルーンダイレータ


参考文献

AEROmini® は現在、TTS法 (Through-the-Scope) オプションを備えた最小の自己拡張型ニチノールステントを提供しています

メリットメディカルは、困難な処置にアプローチする新しい方法を発見することに取り組んでいます。私たちはお客様のニーズを患者の生活の改善へとつなげる革新的な製品に変えることでこれを達成します。このアプローチを適用して、メリットメディカル Endotek® チーム (次世代の非血管ステント技術に取り組んでいる部門) は、貴重な医師からのフィードバックを探し求め、その意見を活用して新たに改良されたAEROmini気管気管支ステントを開発しました。このエキサイティングな拡大製品ラインによって、市場で最小の自己拡張型ニチノールステントが提供されるようになりました。TTS (Through-the-Scope) とOTW (Over-the-Wire) の両方のステント留置オプションにより、インターベンションを行う呼吸器専門医や外科医は、以前は治療不可能と考えられていた肺の奥深くにある小さな遠位気道にも到達できるようになりました。

AEROmini 気管支用ステントは、悪性新生物によって生じる気管支狭窄の治療に使用します。TTS法により、医師は治療用気管支鏡の2.8 mm以上のワーキングチャンネルを通してAEROminiステントを留置し、X線透視を必要とせずに患部を直接視覚化できます。新しいTTS AEROminiステントは直径6 mm、長さ10 mmおよび15 mmが提供されており、医師は思い通りに高い精度で曲がりくねった遠位気道まで到達できるようになりました。

TTS法によるステント留置に加えて、新たなAEROmini拡大製品ラインは短い狭窄を持つ患者を治療する医師や、隣接する気道を塞ぐことなく正確なステント留置を求める医師向けに特別に設計された、小型のOTSステントも備えています。直径8 mmから14 mm、長さ10 mmのOTS AEROminiステントは困難な狭窄に対する選択肢を広げます。

新たな拡大製品ラインからは、オリジナル製品であるAERO® およびAEROminiステントと同様に信頼できる機能と利点を期待することができます。たとえば、AEROテクノロジーでは実質的にステントの短縮や伸長が起こりません。すべてのステントは完全に覆われており、組織の侵入や粘液の詰まりを防ぐために親水性コーティングが施されています。独自の移動防止ストラットは組織の侵入に関連する潜在的な合併症を防ぎながら、ステントの移動を減少させます。 さらに、TTS法による縫合糸の結び目とOTW法の巾着式に合わせた設計により、ステントの再配置と取り外しが容易になります。

XNUMX年以上にわたり、メリットメディカルEndotekは肺領域のイノベーションに取り組んできました。お客様の声に耳を傾けることで、社内の研究開発チームは医師が利用できる治療オプションを拡大し、最終的に患者の転帰を改善できる革新的な製品を提供することに一貫して注力しています。新しいAEROminiの拡大製品ラインの開発を経て、私たちはこの約束を守り、患者の生活を改善する最先端の技術を設計しました。

AEROmini製品ページへ移動して、その多くの機能と利点を探索して実際にTTS AEROminiステントが使用される様子を確認してください。

ロゴ