HeartSpan® 固定曲線編組経中隔シース

お問い合わせ

HeartSpan Fixed Curve Braided Transseptal Sheath は、シームレスな拡張器からシースへの移行を備えて設計されており、大腿骨の挿入を容易にし、心房中隔を通過する際の外傷を軽減します。 当社の編組シース構造により、長時間の手術でも湾曲の耐久性とよじれに強くなります

特長と利点

放射線不透過性ダイヤレーター

視覚化を可能にします

スムーズな移行、ソフトチップ

メリットによる自動遠位チップによるスムーズな移行

シームレスな拡張器からシースへの移行を備えた非外傷性遠位チップにより、心房中隔をスムーズに前進

埋め込まれたプラチナ マーカー

視認性を高めるハートスパンマーカー

透視下での視認性を向上

デュアルサイドホール

ハートスパンにはデュアルサイズの穴があります

キャビテーションの最小化

放射線不透過性編組シース

Pebax を使用した編組シース コア

Pebax® 製の制御されたトルカビリティのための編組スチール コア

潤滑コーティング

潤滑コーティング

EPカテーテル交換時の摩擦を軽減

三方活栓

ハートスパンには三方活栓が含まれています

フラッシングと吸引が可能

一体型止血弁

Heart Span 一体型止血弁

空気の導入と逆流を減らすように設計されています

ダイアレーターのロック

Merit Medicalのロッキングダイレーター

経中隔穿刺時にスムーズな交差プロファイルを提供するためのシースと拡張器ロック


12 の利用可能なカーブがオプションを提供

心拍スパンに使用できる 12 の曲線オプション

資料

パンフレットと使用説明書を参照して、HeartSpan® Fixed Curve Braided Transseptal Sheath の詳細をご覧ください。

読み込んでいます...
ロゴ