Worley™ 高機能側脈用イントロデューサー

お問い合わせ

心臓再同期療法 (CRT) の課題に対応するには、患者の解剖学的構造のねじれに適合する高度な LV リードと LV デリバリーシステムが必要です。Worley 側方静脈イントロデューサー (LVI) システムは、LV リードをターゲット位置に確実かつ正確に留置するために必要な柔軟性をもたらすように設計されています。

特長と利点

  • ソフト放射線不透過性チップ 血管壁の外傷のリスクを最小限に抑え、透視による可視化を改善します。
  • 近位および遠位の曲線が強化されます 角度のある側方静脈枝への部分選択的アクセス
  • 5F OD ターゲット静脈セレクター 標的静脈の選択とガイドワイヤーの交換を改善
  • 5.5Fまたは7F ID LVI さまざまな高度な CRT 埋め込み技術を実行するための十分なスペースを提供します
  • マルチデュロメーター近位カーブ構造 先端の指向性を向上
  • 編組シース構造 より良いトルク制御と安定性をサポートします。 簡単に取り外せるスライス可能なシース
  • サイドポート 移植中のオープンアクセス注入と造影剤注入が可能
  • 統合された分離止血ハブ 失血や空気塞栓症から保護するように設計されたハンドル。 ハブはカット不要です。 安全なハブ グリップにより、取り外し中にリードが外れるリスクが軽減されます。

高度で効率的かつ効果的な左室リードの移植

Worley Advanced CSG および Worley Vein Selector と一緒に使用すると、Worley Advanced LVI は、移植時間を短縮し、ターゲット血管へのアクセスを容易にし、CRT 移植の成功の可能性を高めるために必要なツールとソリューションを提供します。1

さまざまな解剖学的構造のための 4 つの曲線

腎曲線

ウォーリー腎曲線

一般的な冠状静脈解剖学用

フック カーブ

小さくて困難な冠状静脈の解剖学用

ホッケースティック カーブ

より大きな冠状静脈解剖学用

多目的曲線

その他の冠静脈解剖学用


統合されたバルブとハブの設計

 

離脱弁

スライダーが編組シースに直接アクセスできるようにします

特大グリップ

リード移動のリスクを軽減

使いやすいスライサー

CSG ハブと嵌合し、シース除去時の安定性を向上

資料

製品ドキュメントを参照して、Worley Advanced 側方静脈イントロデューサーの詳細をご覧ください。

読み込んでいます...
ロゴ