Worley™ 高機能冠状静脈洞ガイド

お問い合わせ

Worley Coronary Sinus Guide (CSG) の独自のカーブと編組コアにより、患者の解剖学的構造を CSG の長さとカーブに合わせることができます。 9 フレンチ ID は、さまざまな高度な CRT 埋め込み技術を実行するための十分なスペースを提供します。 編組コアの内側カテーテルは、必要に応じて前進させて可変曲線を作成し、移植を成功させるために必要なシースの数を減らすことができます。

特長と利点

  • 編組コア 可変形状設計により、トルク制御と柔軟性が向上
  • 深度位置マーカー 編組コアの先端と CSG の間の 43.5 cm の距離を測定するため
  • 一体型ピールアウェイ式止血弁 失血や空気塞栓症のリスクを軽減するために、標準的な剥離イントロデューサのように処理します
  • サイドポート 移植中のオープンアクセス注入と造影剤注入が可能
  • つぶれにくいpebax®シース 編組コアにより、よじれを減らし、簡単に取り外すことができます
  • 9 フランス ID さまざまな高度な CRT 埋め込み技術を実行するための十分なスペースを提供します
  • ソフト放射線不透過性チップ 血管壁の外傷のリスクを軽減し、透視による可視化を改善します。
  • 複数の導入角度  CSリードの配置を改善する

Worley サイナス ガイド製品の機能の説明


冠状静脈洞カニューレ挿入の高度な可能性

Worley Advanced Coronary Sinus Guide のユニークなカーブは Braided Core と組み合わせて使用​​されるため、患者の解剖学的構造を冠状静脈洞ガイドの長さとカーブに合わせることができます。 Braided Core インナー カテーテルは、必要に応じて前進させて可変曲線を作成し、移植を成功させるために必要なシースの数を減らすことができます。

Worley Sinus Guide の独特な曲線を示す画像


編組コア可変形状設計

ウォーリーサイズガイド

  • シースの数を減らす 移植の成功を促進するために必要
  • 放射線不透過性チップ 透視による視覚化の向上
  • インナーカテーテルは、必要に応じて 6.5 cm まで進めることができます さまざまな解剖学的構造での CS カニューレ挿入を容易にする先端から
  • より優れたトルク制御 押し出し冠状静脈洞ガイドと比較した場合
  • 近位の黒い深度位置決めマーカー 深さのガイダンスと正確な配置のために

一体型ピールアウェイ止血バルブ

  • 統合されたバルブとハブの設計により、標準のピールアウェイ イントロデューサーのような取り扱いが可能
  • カテーテルの取り外し中のリードの移動や外れのリスクを最小限に抑えます
  • 別のスリッターを必要とせずに、デリバリー シースを簡単に分割できます。

 

資料

パンフレットと使用説明書を参照して、Worley™ Advanced Coronary Sinus Guide の詳細をご覧ください。

読み込んでいます...
ロゴ